おむつの種類

赤ちゃんお助けアイテム

おむつ外しは短期集中!

育児には乗り越えなければならない壁がいくつもあります。
赤ちゃんの頃にぶつかるのはまずは母乳をいつ外すか、そしてもう一つおむつをいつパンツに変えるかなど親も頑張らなくてはいけない時期があります。
特に周囲がどんどんパンツになっていくと焦ってしまいますよね。
確かに外出の時もトイレの心配をしなくていいので楽です、夜もトイレで起きなくていいので楽です。
しかし、おむつばかりに頼ってるとおむつ代は掛かるし、子供もなかなかパンツを履きたがらなくなります。
自分からパンツをはくという自然と外れてくれる子供もいますが、数か月、長くて一年と中断を繰り返しながら外れていく子も多いです。
ダラダラと続けるよりかは外すと決めたら一切パンツ以外は履かせない、それまでは外出も少なくして家での成功率が上がったら少し長めのパンツでの外出と順をおっていく事です。
両方jを使い分けてる人もいますが、子供もパンツではないと分かればトイレを教えてくれません。
少しの間ですが集中してする事が成功への近道ではないでしょうか。
最初の頃は着替えやタオルをいっぱい持っての外出ですので大変です。
むやみに実践するのではなく、子供の様子を見て外すタイミングがあるのでそれを見極める事が大切です。

赤ちゃんのおむつの種類について。

赤ちゃんは生まれてから一人でトイレに行けるようになるまでおむつを必要としますが、それにはさまざまな種類があります。
まず、昔からよく使われていたものとして布のおむつがあります。
布でできたものは、洗濯することで何度も繰り返し使用ができるので、ゴミが多く出ることもなく経済的です。
使用している布は綿でできていることが多いので、赤ちゃんの肌にもやさしくかぶれにくいです。
また、赤ちゃんがおしっこやうんちをしたという感覚がわかりやすく、トイレットトレーニングが早く進みやすいです。
もうひとつよく使われているものとして、紙のおむつがあります。
紙でできたものは、使い捨てであるので定期的に購入する必要がありますが、特に産後すぐなど母親の休養が必要な時には洗濯する必要がなく、便利に使用できます。
また、外出時などでは布のものよりもかさばらずに持っていくことができ、専用のゴミ箱があればその場で捨てることもできます。
紙のものは種類が豊富なので、自分の子どもに合ったサイズで肌に合ったものを選ぶことができます。
母親によっては、布か紙かのどちらかのみを使用している人もいますし、自宅では布のものを、外出時や体調不良時などには紙のものを使い分けている人もいます。

check

クロムハーツ
http://www.rakuten.ne.jp/gold/chromeworld/
フィリピン 語学留学
http://brighture.jp/
魚 剥製
http://www.uonodo-honpo.com/
白い家フェローシップチャーチ
http://ameblo.jp/fellowshipchurch
緑区 歯科
http://matsushita-shika.com/
花キューピット
http://www.ninomiyakaen.co.jp/
質屋
http://www.isuzu78.com/
オーダーキッチン 家
http://www.la-architects.jp/

最終更新日:2015/9/1

おむつの種類

サイズ選びのポイント

おむつ交換の方法

人気のおむつ

おむつケーキでお祝い

お問い合わせ

Copyright(C) 2015 赤ちゃんお助けアイテム All rights reserved.